殿の浮世草子 ガリレオ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05.10 ガリレオ

2は置いといて、ガリレオ1は面白かった!
2は謎が謎といえないやつもあったし、吉高由里子になぜ湯川先生が手助けするのかもなんとなく釈然としないし、
演者がどうのこうのではなく話が面白くなかった。
その点1の方は面白かったです。
原作は東野圭吾の連作推理小説『ガリレオシリーズ』。この人の小説をぼろくそに言う人もいますが
少なくともガリレオは面白かったです。
ただシリーズの肝ともいえる科学的実証のシーン。
あれはいったい何を書いているんだ?
数式などから事件の何かが見えるのか、何か机上の論を立てて実証してるんだろうけど、
式を書く必要性はまったくないよねw
まぁ演出でしかないですね。一休さんがぽくぽく考え、仮面ライダーがジャンプの前にポーズを決め、
もっというとケンシロウが100回も殴って秘孔をつくようなものでしょうか。
↓画像クリックで見れます

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tyoppyaa.blog72.fc2.com/tb.php/34-d043c016
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。